• 水道の修理

    壁の修復をする

    水道は水漏れが起きやすい場所のため、修理を業者に行なってもらう必要があるので、業者探しを慎重に行うようにしましょう。業者によっては、費用が安く済む所もあります。自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

    Read more
  • 水回りのトラブル

    理想の家を描く

    水回り水道はトラブルが起きると、自分の手には負えない場合があります。そんな時は、水道のトラブルを軽い内に修理をしてもらうことが必要です。軽い時に行えば、最小限に抑えることが出来ます。

    Read more
  • 専門業者に依頼

    テレビを見ている

    水道水から水漏れが発生した場合は、大量の水道水を失わないように、抑える必要があります。そこで、専門の業者に修理をお願いしましょう。業者の方は丁寧に修理を行ってくれるので、安心して任せられます。

    Read more

エアコン選び

二世帯住宅にする

省エネルギー化が進むエアコン

近年の省エネルギーへの関心の高まりを受けて、エアコンを選ぶ際にも、省エネルギー性能を重視する傾向が強まっています。こうした動きは、今後ますます大きくなることが予想されます。 省エネルギー性能の高いエアコンを選ぶには、省エネラベルを確認するのが便利です。 省エネラベルとは、国が定めた目標値をどの程度達成しているか、その達成度合いを表示したものです。 省エネ法で定められた目標値をすでに100パーセント以上達成しているものは緑色のマークで、未達成のものはオレンジ色のマークで表示されています。 近年のエアコンは、省エネルギー性能が格段に高くなっているため、現在でも古い機種を使用している場合には、こうした省エネラベルを参考にして、新しい機種へと更新して、取り付けを行うのがいいでしょう。

取り付けの際に注意すること

エアコンの取り付けでもっとも注意しなければならないのは、その設置場所です。 通常は、外壁の内側に室内機を、その外側に室外機をセットして、冷媒管用のスリーブを通して接続することになります。 一般的には、室内機と室外機とを結ぶ冷媒管と、エアコンから出る結露水を排出するドレン管との、合計2本の配管が必要になります。これらの配管は、メンテナンスが可能なように露出配管にしておかないと、将来壁を壊さなければならなくなる可能性があるため、エアコン取り付けの際には、特に注意が必要になります。 また、室外機と室内機とをつなぐ配管は、出来るだけ短くしておかないと、機能をそこなう可能性があります。どうしても離して設置しなければならない場合でも、必ず機器の許容範囲内の距離で取り付けを行うようにしなければなりません。